日誌

2018年7月の記事一覧

【建築研究部】 コンペ班

建築研究部 コンペ班 コンペ結果報告

 

建築研究部 コンペ班です。コンペの結果報告をさせていただきます。

今年もコンペ班は中央工学校主催である高校生を対象としたコンペティションに参加しました。結果は、

 

3年 建築科 最優秀賞 宮坂 咲希(富士見中学出身)

3年 建築科 奨励賞  岡田 大空(妻沼西中学出身) 

 

でした。今回本校コンペ班も12回目の挑戦を迎え、やっと最優秀賞を頂くことができました。今年のテーマ「アトリエのある軽井沢の暮らし」は、全国58校から843作品という多数の作品が提出されました。応募された作品は、夢のある豊かなアイデアに溢れた力作が多かったと聞いています。今回のコンペで、宮坂さんは、夜遅くまで作業を行っていました。特に、模型は1/50スケールで製作したので、とても細かい作業が多く写真撮影も何枚も撮りました。岡田君も同様に、毎日夜遅くまで作業を行っていました。コンペでなかなか勝てなかったこともあり、今回の賞はとても良かったと思います。

 

第12回高校生対象コンペティションの「審査経過説明会」の報告

 

6月23日(土)に、第12回高校生対象コンペティションの「審査経過説明会」に参加しました。今回は、建築家 栗生 明 審査委員長から今回の審査についての説明や講評がありました。生徒たちにとって、とても貴重な時間でした。さらに今回は「交流会」として、審査経過説明会後に栗生委員長と歓談できる時間を頂き、このような機会がめったにないので、生徒たちが個人的にお話ができ非常に貴重な時間となりました。

0

【建築研究部】 ものづくりコンテスト「木材加工」埼玉県大会報告

 建築研究部 木工班です。 

 第12回高校生ものづくりコンテスト埼玉県大会「木材加工部門」が7月14日(土)日本工業大学スチューデントラボにて行われました。
 木材加工部門は、90ミリ角の木材から、屋根の軒先の部分を3時間で墨付けから加工、組み立てをします。関東大会出場者(上位4名)の選考も兼ねた大会で、埼玉県内の建築を学ぶ4校19名が参加しました。(各校参加人数に制限があり、本校からは4名の選手が埼玉県大会に出場しました。)
 
 結果は、
優勝  建築科3年 岡田星也(妻沼西中出身) 関東大会出場
準優勝 建築科3年 滝田和紀(三尻中出身)  関東大会出場
第3位 建築科3年 小山空我(富士見中出身) 
関東大会出場
第11位 建築科2年 大久保優(岡部中出身)
 
となりました。
 
 関東大会まで約1か月。猛暑の中ですが体調管理をしながら練習を頑張っていきます。目指せ全国大会!
 関東大会は8月24日(金)栃木県「足利大学」にて行われます。応援よろしくお願いします!
0