日誌

2018年6月の記事一覧

【ソフトボール部】 インターハイ予選

6月9日(土)戸田市立緑地公社(道満ソフトボール場)にて行われました。
初戦は新人戦でベスト4になった川越工業高校でした。

 

エース桑原(機械科2年生)が初回に連続四球から、ピンチを招くも後続を3者3振にとり、主導権を渡さずに投手戦となりました。熊工打線もチャンスを作るがあと1本が出ずに嫌な流れの中、3回に川島(機械科1年生)がセンター後方へホームランを放ち、流れを引き寄せました。
その後も桑原は大きく崩れることもなく10奪三振、被安打2の好投で、4-0で初戦を突破しました。

 

2回戦は、前回大会で大敗している秩父農工科学高校戦。
インターバル30分を挟んでの試合でしたが、桑原を中心に守備が耐えて耐えて中盤までゼロ行進が続きました。

4回から1点づつ取られ0-3で迎えた最終回、先頭バッターの福島(情報技術科3年生)が粘ってから意地のヒットを放ちました。その後ランナーを進めて、斉藤(機械科2年生)が食らいつきファースト強襲ヒットを放ち1点を返しました。

結果としては1-3で敗戦してしまいましたが、優勝候補の秩父農工科学高校相手に善戦し、他校の生徒や保護者までもを引き付けた桑原の熱投(2試合:210球)はこれからのソフトボール部に大きな希望となるでしょう。

3年生の皆さん、苦しい時期もありましたが、この経験は必ず人生のなかで役に立つと思います。熊谷工業高校ソフトボール部として誇りをもって、就職活動を頑張ってください。

0