日誌

2020年10月の記事一覧

第99回全国高校サッカー選手権大会埼玉予選 結果報告

第99回全国高校サッカー選手権大会埼玉予選

  ベスト16

令和2年10月24日

 熊谷工業高校の高校サッカー選手権大会埼玉予選が幕を閉じました。

 最後の対戦相手は聖望学園高等学校。0対3という結果でした。

 

 今年度はコロナウイルスの影響から、公式戦はこの選手権大会のみとなってしまいました。

3年生のサッカーに対する気持ちはとても高く、数少ない練習試合にも常に心を燃やして臨んできました。

 

熊谷工業高校の選手権大会の結果は以下のとおりです。

1回戦 9月13日(日) 対 浦和北高校 戦績は、4対1

 公式戦の初戦としては上出来で生徒の思いが全面的に試合にあらわれる

 素晴らしい試合展開となりました。

 

2回戦 9月20日(日) 対 本庄高校 戦績は、2対0

 北部の高校同士で決勝トーナメント進出をかけた負けられない戦いでした。

 終始、優位な試合運びで勝ち切ることができました。

 

決勝トーナメント1回戦 10月11日(日) 対 所沢西高校 戦績は、PK戦 5対4勝ち。

 決勝トーナメント進出という一つの関門を潜り抜けた高校同士の戦い。

 そう簡単に決着はつきませんでした。

 前半に1点先制することができた熊谷工業高校。

 後半にとどめを刺しに攻めたとき、見事なカウンターで失点。

 延長戦では決着がつかず、PK戦までもつれ込みました。

 所沢西高校の5人目のキッカーがゴールを外し、次決めれば勝利!というところで

 こちらのキッカーはキャプテンである玉江でした。玉江はしっかりとゴールを決め。勝利。

 

決勝トーナメント2回戦 10月18日(日) 対 浦和学院 戦績は、1対0

 ベスト16をかけた試合。相手はU18でS1 3位の浦和学院。

 会場は浦和南高校。試合展開は終始、防戦一方。

 80分の9割が相手ボールに感じるほどの展開で熊谷工業高校の選手は粘り強く守り続けました。

 そのなか、1度のチャンスをものにし勝つことができました。

 

決勝トーナメント3回戦 10月24日(土) 対 聖望学園 戦績は、0対3

 選手の目標であるベスト8をかけた試合。

 何度かチャンスを演出するものの、聖望学園の守りは硬く。得点はかないませんでした。

 

今回の高校サッカー選手権大会を通して、多くの方々の支えを改めて実感することができました。

コロナ禍で多くの大会が中止や縮小されるなかで、本大会は無観客ではあるものの例年通り開催されました。

選手のために大会を運営する方々、コロナ禍でありながら選手を支えるご家族の方々

この場をかりて感謝申し上げます。ありがとうございました。

0