日誌

2023年9月の記事一覧

9月26日(ツーロックの日)警察署とコラボで自転車二重施錠啓発活動

 令和5年9月26日(金)、生徒の下校時間に合わせ、本校の各校門において、運動部の代表生徒が中心となり、自転車の二重施錠を呼びかける啓発活動を行いました。
 この企画は、熊谷警察署とのコラボレーションでの実施です。本日26日をツーロックの日(2(ツー)6(ロック))として、下校する生徒に、二重施錠を啓発するリーフレットとポケットティッシュペーパーを配布しました。
 埼玉県内では、無施錠の自転車等を狙う「自転車盗」が増加しています。生徒の皆さん、自転車は必ず「ツーロック(二重施錠)」し、盗難の被害に遭わないようにしましょう。

  

◆第三学年 模擬面接(就職・進学)を実施! 

 3年生は、夏季休業中から職場見学、履歴書作成や作文指導など進路活動が本格的にスタートしている中、9月4日(月)から6日(水)まで、専門学校の先生を講師としてお招きし、模擬面接指導(就職者・進学者)を実施しました。
 特に就職希望の生徒は、9月16日から始まる就職試験に向けて、本番さながらの模擬質問に対し、緊張しながら真剣に受け答えを行っていました。
 面接を行った講師の先生からは、「入室の所作はもちろん、第一印象が大切です。元気よく笑顔でヤル気を見せ、自分の言葉で伝えるように」と、アドバイスをいただいていました。
 ここから試験当日までの取り組みが結果につながります。熊谷工業高校の3年間で学んだ知識や技術、自分の長所をしっかりとアピールして、自分の進路を切り拓いてほしいと思います。

 

 

◆第三学年 2学期学年集会「進路実現に向けてラストスパート!」

 9月4日(月)4限に体育館にて学年集会を実施しました。2学期が始まるとすぐに公務員試験、9月16日から就職試験が開始、その後、進学試験が実施され、進路活動が本格化します。学年主任からは、試験合格という目標に向け、今、何をすべきかを考ること、万全の準備をして試験に臨むことを伝えました。生徒自身が自分を信じ、最後まで粘り強く取り組み、自分の進路を掴みとってくれることを願っています。進路担当からは、就職試験は、第一印象が重要であり、ここからのラストスパートを大切にすること、生活指導担当からは、第三学年として、勉強、部活動、資格取得、各種競技会など、下級生の模範となるよう取り組む中、最後まで高校生活を充実させ、有終の美を飾ろうとメッセージを伝えてくれました。

2学期 始業式

令和5年9月1日(金)に、2学期 始業式を挙行しました。

以下校長先生の挨拶から一部です。

仙台育英高校の監督の話から挑戦する人間であれ、失敗を恐れていては、マイナスのスパイラルに陥ってしまいます。生徒の皆さんはこの話を聞いてどのように感じましたか。小さなことでも一歩踏み出し、チャレンジする勇気をもってください。

また、令和5年9月1日は、関東大震災から100年目になります。この節目に、関東の高校ではシェイクアウト訓練を一斉に実施します。この訓練を通じて、地震への咄嗟の対応方法を改めて認識してください。

最後に、2学期は学校行事が目白押しです。実りの秋、生徒の皆さんは実り多い学期になるよう努めてください。