日誌

【電気科】◆電気科2年 高校入学後、初めての工場見学!

 令和4年9月22日(木)に、彩の国工場魅力発信事業(地域に開かれた工場づくり)を活用して、工場見学を実施しました。
 新型コロナウイルス感染症への予防対策として、一人一人が検温チェックと手指消毒を行い、バスに乗車しました。生徒は、日頃から健康管理がしっかりとできており、無事に学校を出発することができました。

本校事務室前での検温の様子

 

    出発前の検温チェック       班ごとに記念撮影     

 バスでの移動中に、一日の行程を説明しました。
 午前中の見学先であるグリコピアイーストマニュファクチャリングジャパン北本工場(北本市)は、コミュニケーションファクトリーとなっており、2012年4月に本格稼働したお菓子部門の最新鋭の工場見学施設である「グリコピア・イースト」の見学をしました。
 ミュージアムゾーンでは、グリコの歴史を学び、現在に至るまでの1,500個のおもちゃの展示を見て、懐かしさとともに感動しました。

 

 クイズチャレンジツアーに参加    併設するギフトSHOP  

 主要商品であるプリッツとポッキーの製造過程は、レールの上で生地を細かく切り、45メートルのオーブンの中を通過する様子は圧巻でした。一日に、5万5千箱を製造するそうです。生徒は、衛生管理はもちろんのこと、箱詰めまで自動化されたロボット設備のスピードに驚いていました。

 午後は、業界最速の生産速度を実現した株式会社ナック クリクラ本庄工場を訪問しました。
 はじめに見学したクリクラミュージアムは、施設の建設中に出土した古代土器、世界各国から集めた2,000本以上のミネラルウォーター、50台以上のウォーターサーバなど、世界の水事情や歴史についても学べる施設となっています。

 

 

 

 

 

 

 世界の水を集めた水ギャラリーでは、珍しい限定ボトルも多数ありました。

 

 

 

 

 

 

 良質のミネラル豊富な水を製造      クリクラ水を用いた実験 

 製造工程では、宇宙開発の現場などで利用される最先端テクノロジーの逆浸透膜(RO膜)システムを使用して、原水に含まれる不純物や雑味を取り除き、良質のミネラルをバランス良く含んだ軟水が生産され、空ボトルの入荷から、充填、密封、そして保管がオートメーション化されていました。
 最終的な検査工程では、人の目で丁寧に1本1本の検査が行われ、工場内に配置された多くのロボットがコンテナに収納されたボトルを力強く持ち上げたり、業界最大規模の8階建てのビルの高さに相当する自動倉庫内を縦横無尽に動き回ったりするなどしていました。

 

 今回の工場見学では、ものづくりの現場を見ることにより、働くことの意義や今後の学習意欲への刺激となりました。
生徒は、これからの進路選択の幅が広がりました。

 御対応いただいた企業の皆様に感謝申し上げます。