日誌

避難訓練

令和元年7月17日(水)に「避難訓練」が行われました。
今回は、地震発生における避難の基本行動、避難経路の確認を行いました。
 速いクラスは3分8秒で体育館に集合できましたが、一番時間が掛かったクラスでは8分10秒も掛かってしまいました。


 熊谷消防署の方々にお越しいただき、現場の行動や生徒の状態を確認して頂きました。
「歩きスマホをしている生徒や、お喋りをしている生徒、命の危機管理の無さは幼稚園以下だ」と講評を頂き、保健環境部としても、今後の指導案や指導方針を明確にし、災害の際にしっかりとした安全退避が出来る様に指導していきたいと思います。
 校長先生から、「地震発生時にどうやって自分自身の身を守るのかを常日頃考えてほしい。自分の命を守るのは自分です。」とお話がありました。
熊谷消防署の方々と校長先生のお話しを今回の教訓とし、緊急避難時に備えたいと思います。