日誌

機械研究部

【機械研究部】未来の職業人材育成事業 ~企業訪問~

令和3年度未来の職業人材育成事業の一環として、矢崎化工株式会社 太田工場へ企業訪問をしました。

令和4年1月10日(月)、15日(土)の2日間お世話になりました。

矢崎化工株式会社は、人々の暮らしから社会、産業シーンまで、多様なニーズに応える製品づくりを行ってます。

(椅子、棚、フラワースタンド、ベンチ、台車、出荷コンベヤ、自動搬送機 etc)

 

1日目は、企業説明を兼ねた講義にはじまり、工場見学やキャスター組立を体験しました。

金型を用いた射出成型では、私たちの身の回りにあるバケツやちり取りなど、多くの日用品が製造されていました。

社員さんが懸命に取り組む現場見学、実際の仕事を体験した学習活動は、1・2年生にとって良い刺激となり、進路選択の参考になったと思います。 

  

2日目は、AGV自動搬送機やアクロスなど、多くの製品を紹介していただき、イレクターと呼ばれるパイプやジョイントを用いた組立体験を行いました。

イレクターは、椅子やハンガーラックなどの日用品だけでなく、台車や出荷コンベヤなどの多くの産業現場でも使用されています。

アクロスは荷運びの台車ですが、特徴として障害物や砂利道でも抵抗なく運転ができました。そのため荷にかかる負担も少なく、驚かされました。

  

2日間、事業所の訪問を通して、学校にはない設備がほとんどであり、講師の入場さん、山さんのわかりやすい現場案内や実際に製作の体験、社員の皆様の熱心な作業風景などと相まって、とても充実した就業体験活動をすることができました。

イレクターを組み立てて完成した製品もいただきました。

今後の機械研究部の活動や学校行事で大切に使わせていただきます。

矢崎化工株式会社 太田工場の皆様、ありがとうございました。

                    

0