活動内容

建築研究部は顧問の先生のご指導の元、

週5回という活動時間の中で建築に関する様々な活動を行っています。

 
僕たち建築研究部は、2つの班に分かれて活動しています。
 ○コンペ班は…

  住宅設計・都市設計等の各種建築設計競技に果敢に挑戦しています。

 ○木工班は…

  ものづくりコンテスト等の各種コンテストの為に日々練習しています。
 
この部活では、部員全員で意見を出し合いながら活動しているため、
時折、部員同士で衝突してしまう事もありますが、とても楽しい部活です。
 

建築に興味のある人、建築のことを全然知らない人でも大歓迎です。

自分の新たな可能性を、一緒に見つけてみませんか?

日誌

建築研究部

建築研究部 建築設計競技(コンペ)の報告

 今年度のコンペの結果を報告します。

建築研究部コンペ班では、いくつかのコンペに参加しています。

 今回は、まず第66回日本大学全国高等学校建築設計競技です。結果は、

●建築科1年生 坂口 妃由 さん(奈良中出身)が 奨励賞 を頂きました。おめでとうございます!! 

 今年のテーマ「温故知新」で、10月19日(土)に日大の新しいキャンパスで授賞式が行われました。坂口さんは、初のコンぺに挑戦し、夏休みはほぼ毎日学校へきて夜遅くまでコンペ制作をしていました。とても良い勉強になったと思います。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   左 坂口さんの作品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて、11月3日(日)に行われた第33回日本工業大学建築設計競技の授賞式に行ってきました。今回の課題は、「ひかりの建築に住む家」で、

●建築科3年生 関谷 洸星 君 (本庄中出身)   佳作 

●建築科2年生 山本 樹璃 さん(花園中出身)   奨励賞 

●建築科1年生 大槻 翔也 君 (富士見中出身)  奨励賞 を頂きました。

 

 

 

 

 

 

左 大槻君の作品

 

 

 

 

 

左 山本さんの作品

 

 

 左 関谷君の作品

 

 今回のコンペの内容は、とても難しい課題でした。3人ともよく頑張ったと思います。今回の授賞式では、審査員の講評を頂いた後、実際の作品がある場所で、審査員の方々や他校の先生方、生徒たちとの交流の場となり、プランの考え方やプレゼンのまとめ方など、また違った視点からの発見ができ、とても勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、最後に、またお会いすることが出来ました兵庫県立神戸工業高校の飴野先生に御指導頂きました。生徒たちはとても良い勉強になったと思います。飴野先生ありがとうございました。次のコンペにも頑張りたいと思います。

 

 

0

ものつくり大学技能競技大会参加

 10月27日(日)にものつくり大学主催の「第8回ものつくり大学技能競技大会」建築大工職種に、建築研究部1.2年生4名が参加してきました。

 この大会は、競技時間3時間で技能検定3級実技試験の課題でおこなわれます。大学で技能を磨く大学生と一緒に競技することができ、毎年貴重な経験をさせていただいています。また、大学祭期間中ということで見学者も多く、競技会初参加となる1年生は特に緊張していました。

 

結果は 建築科2年 荒木海人が銀賞となりました。

この経験をいかして、技能向上に励みたいと思います。

 

0

高校生ものづくりコンテスト関東大会「木材加工部門」報告

 第19回高校生ものづくりコンテスト関東大会「木材加工部門」茨城大会が8月24日(土)に行われ、埼玉県の予選を勝ち抜いた3名が参加しました。(大会参加者25名)
 受付が始まるまでは緊張で表情も硬く心配でしたが、大会が始まるといつものペースで落ち着いて作業をおこなっていました。
   
大会結果
  第2位  建築科2年 岡安 拓夢 
  第5位  建築科3年 大久保 優
  第12位  建築科2年 荒木 海人 となりました。

 全国大会を目指してきましたが、惜しくも同点2位という結果となりました。(完成審査の得点差)今回の経験を活かし、今後も一層頑張っていきます。
      

 大会翌週からすでに建築研究部木工班の生徒たちは、各々の目標に向かって3年生は技能五輪課題、2年生は2級技能検定課題、1年生はものづくりコンテスト課題に取り組みはじめています。
 今後も応援をよろしくおねがいします。

0

第13回高校生ものづくりコンテスト「木材加工部門」大会報告

 7月14日(日)に日本工業大学スチューデントラボにて、高校生ものづくりコンテスト「木材加工部門」がおこなわれました。
県内で建築を学ぶ4校19名の選手が出場しました。
 木材加工部門は、課題図に従って支給された材料をかんなで削り(木造り)、そこに加工のための線を描き(墨付け)、のこぎりやノミを使い加工していきます。組み立てまで、3時間30分でおこないました。
 今年度は課題の難易度があがり、使用する道具も増えたので大会までの練習はとても大変でした。

 本校から5名の選手が出場し、全員時間内に終了することができました。
審査の結果、3名の生徒が関東大会へ出場することとなりました。
 第2位  建築科3年 大久保 優 (岡部中出身) 関東大会出場
 第3位  建築科2年 荒木 海人 (別府中出身) 関東大会出場
 第4位  建築科2年 岡安 拓夢 (深谷市立南中出身) 関東大会出場
 第5位  建築科3年 堀口 響生 (児玉中出身)
 第11位  建築科3年 小堺 奨栄 (児玉中出身)

 関東大会は8月24日(土)に茨城県職業人材育成センターにて行われます。
課題に展開図も加わり益々難易度アップ。
真面目にコツコツ練習を重ねて頑張ります!引き続き応援よろしくお願いします。
0

高校生ものづくりコンテスト練習

 建築研究部木工班です。
 
 期末テストも終わり、第13回高校生ものづくりコンテスト埼玉県大会「木材加工部門」にむけて最終調整を行っています。

   
 
 今年の課題は昨年までとがらりと変わり、戸惑いながらの練習の日々でした。
 関東大会出場枠をかけた埼玉県大会が、7月14日(日)9:30日本工業大学スチューデントラボにてスタートです!
 応援よろしくおねがいします。
0