建築科ニュース

建築科ニュース

【建築科】製図コンクール表彰

 11月に「東日本建築製図コンクール」が行われました。課題毎に提出できる学年が決まっていて、本校は1年生が「軒先まわり詳細図」の課題に挑戦しています。校内選考の結果、今年度も3名の生徒が図面を何枚も練習して挑戦し、特別賞をいただきました。これからも更なる技能向上をめざしてがんばってください。おめでとう!

 

2月18日に校長室にて表彰していただきました。

【建築科】2年生向け建築科進路ガイダンス

 2月4日(金)5、6時限に、建設業「建築」の職種や進路について、日建学院熊谷校の方にご来校いただき講話をしていただきました。3年生が家庭研修期間に入り、いよいよ2年生も本格的に進路を考えなくてはなりません。

 建設業の「建築」に絞って、設計や施工管理、専門工事業などについてわかりやすく解説していただきました。「住」を支えるエッセンシャルワーカーである建設業。命と財産を守る仕事であることを再認識したようでした。また、専門学校や大学などの進学についてもお話しいただき、進路について考える良い機会となりました。

【建築科】令和3年度技能五輪埼玉県予選会にむけて

 後期技能検定(建築大工)は、技能五輪埼玉県代表の予選会を兼ねています。限られた練習時間の中で、実技試験の精度を上げようと練習に励んでいます。

 先週は、本校OBで技能五輪銀メダリストの先輩がお忙しい中応援にきてくださり、かんながけの指導をしてくださいました。いつもありがとうございます。

 今年度技能五輪建築大工敢闘賞の生徒が、熊谷市報「令和3年2月号」に掲載されました。技能五輪までの道のりや今後の夢など・・・。ぜひご覧ください。

市報くまがやはこちらから→https://www.city.kumagaya.lg.jp/smph/about/kouhou/shiho/reiwa2nend/sihouR302.html

【建築科】令和2年度建築科課題研究発表会

 令和3年1月25日、3.4時間目に「建築科課題研究発表会」をおこないました。

「課題研究」は3年生が週3時間、自分で選んだテーマを研究したり、作品を製作したりします。以前にも授業の様子をHPに掲載しましたが、いよいよ1年間の総まとめ、発表会となりました。

今年度は、製図系(コンペ班)、模型班、木工班、とび班、アーチ班、五輪班の発表順でおこないました。

 今年度は密を避けるため、2年生の前で発表し3年生は他教室で視聴する形でおこないました。コロナウイルスの影響で予定変更を余儀なくされる1年間でしたが、3年生は1年間の成果を班ごとにまとめあげ、しっかりと発表していました。(報告書の冊子は80ページにもなりました。)2年生は先輩方の発表を聞き、来年度のイメージをふくらましていました。

  いよいよ3年生は今日から、学年末テストです。卒業までラストスパート!

第58回技能五輪全国大会報告

 11月13日(金)から愛知県にて開催された技能五輪全国大会へ、四大進学コース3年荒木海人君・建築科3年岡安拓夢君の2名が「建築大工職種」に出場しました。

 建築大工職種は、2日間12時間の競技課題で、原寸図面、材料の削り、加工、組み立てをおこないます。課題の位置変更が当日公表されるなど、対応力も求められる難しい課題でしたが、課題発表から約3か月間技能五輪の練習を重ねてきた2名は、とても落ち着いて当日を迎えました。

 

 2日間とも練習通りに順調に作業を進め、2名の選手共に時間内に完成することができました。社会人の技能士の方々に負けない、素晴らしい身のこなしでした。そして建築大工職種53名参加の中、岡安拓夢君がみごと敢闘賞を頂くことができました。12月21日には知事公館にて技能五輪・アビリンピック入賞者の報告会にも参加してきました。

 大会までご指導いただきましたOBの方々並びに、応援いただきました皆様方に感謝申し上げます。いよいよ次回技能五輪予選にむけて2年生も本格的に練習をはじめました。今後ともご支援ご協力のほどよろしくお願い致します。