建築科ニュース

建築科ニュース

【建築科】2年生 現場見学会&出前講座

 建築科2年生41名が埼玉県建設業協会主催の現場見学会と、出前講座を受講しました。

 2月7日(金)は、深谷市新庁舎の建設現場見学でした。最先端の構法や免震について説明や見学をさせていただき、墨出しなどの体験もさせていただきました。

 

 2月14日(金)の出前講座は、建設業についての講義を受けた後、3級技能検定の「鉄筋施工」課題を、3班に分かれて取り組みました。

 

本校の卒業生が活躍していて、2日間とも直接説明や実技指導をしていただきました。建設業を肌で感じることができる貴重な体験となりました。今後の進路選択に活かしていきたいと思います。建設業協会様、企業の皆様本当にありがとうございました。

【建築科】1年生「建築設計製図」

 建築科では、3年間「建築製図」という授業があります。(3年生は専門技術コースの選択科目です)この授業では、図面を描くための基本や規約を身に着け、平面図から立体的な建築物を読み取り、図面の模写をしていきます。ほかの建築科目の知識も必要で、建築ではとても重要な授業です。

 

 今日の1年生の授業は、矩計図(かなばかりず)を描きました。建築物全体の構造や、納まりを表す図面です。入学当初とはくらべものにならないほどの集中力と表現力で図面を仕上げていきます。次回の授業が今年度最後になります。力作を期待します!

 

 

 また授業の初めに、「全国高校生建築製図コンクール」に出品した生徒に表彰状が渡されました。課題は「軒先まわり詳細図」の模写図面で、2学期に何枚も練習し提出しました。

入選とはなりませんでしたが、 建築科1年 大槻翔也くん、坂口妃由さんが奨励賞いただきました。

 

 

【建築科】課題研究発表会

1月22日(水)に建築科課題研究発表会を視聴覚室にておこないました。この発表会は建築科3年生が発表し、2年生は視聴し来年度のテーマを決める参考にしています。今年度は、製図系(コンペ)班、模型班、木工班、施工班、アーチ班の5班と技能五輪全国大会の報告発表をおこないました。

どの班も試行錯誤しながら作品を制作していたことや、工夫しながら作業に取り組んでいた様子がうかがえた発表会でした。

【建築科】課題研究「設計コンペ班」審査結果

 建築科課題研究の「設計コンペ班」は、各大学等が主催する設計競技に応募しました。応募作品の審査が全て終了し、3名の作品が入賞しました!

 第66回日本大学全国高等学校建築設計競技 テーマ「温故知新の家」

●飯島 紗南さん(上里中出身)「通り土間の家」 佳作

  

 

●加藤 珠里さん(男衾中出身)「旧新が呼吸しあう古寺の住職さんの住まい」奨励賞

 

秋田県立大学全国高校生建築提案コンテスト2019 テーマ「みまもる建築」

●時田 大樹君(富士見中出身)「みまもる建築「屋台食堂」」優秀賞

  

 

●3年生の「課題研究」の授業は、自分でテーマを選択し課題製作に取り組みます。

今年度建築科は、設計コンペ班・模型班・アーチ班・木工班・とび班で展開しました。現在は各班共、製作の追い込みや、1月の課題研究発表会に向けた準備をおこなっています。各班の詳細は、課題研究発表会の様子と共に後日掲載します。

 

【建築科】第57回技能五輪全国大会報告(詳細)

 技能五輪全国大会とは、厚生労働省・中央職業能力開発協会などが主催し、青年技能者(23歳以下)の技能レベルを競う大会で、42の職種1300人程が出場する大会です。今年度は11月15日(金)~18日(月)愛知県国際展示場をメイン会場として開催されました。

大会概要はこちら→https://www.javada.or.jp/jigyou/gino/zenkoku/

 2月に行われた選考会で推薦を頂き、建築科3年大久保優、小堺奨栄が「建築大工職種」で埼玉県代表として出場しました。第57回技能五輪全国大会の「建築大工職種」は選手90名、そのうち高校生は10名でした。(本校の建築科OBも2名いました。)

【大会の様子】

 ↓(11月15日 午前前日課題発表、説明  午後開会式)↓

 ↓(11月16日 競技1日目)↓

 ↓(11月17日 競技2日目)↓

 本当にこの課題が完成できるのか…。課題発表から約3か月間、毎日不安と苦しみながらの練習の日々でした。ひとつひとつの課題をクリアしながらコツコツ練習を続け、当日は立派に作業を進め成長を感じることができた大会となりました。入賞者の作品や身のこなし、全国大会の空気感など全てが勉強になりました。2名の選手はこの経験を大切に、技能士としてさらに頑張っていくことと思います。

 この大会に参加するにあたり、多くの方々のご支援、ご協力をいただきまして本当にありがとうございました。