土木科ニュース

土木科ニュース

【3年生課題研究】

土木科3年生の課題研究の一環として、校内の舗装修繕工事を実施しました。
実習棟への渡り廊下付近は、頻繁に車両が出入りするため段差ができやすく、雨の日には水たまりもでき、自転車通学する生徒にとり危険となることもありました。

そこで、今年度も土木科の課題研究の一環で修繕工事し、自分達がやって来た3年間の集大成として、自分たちの卒業作品兼お役に立てる「ものづくり」にチャレンジしました。
担当の生徒達は、事前の測量から修繕するための図面を起こし、自分達で施工計画書を作成し、修繕工事まで一貫して生徒が主体となって行いました。工事は、授業時間の関係で2週間に渡って行いました。

舗装工事には、専門的な知識や指導が必要なため、今年度も株式会社新井工務店様(埼玉県深谷市)の施工指導を仰ぎ、生徒全員が一生懸命作業を行い、チームワーク良く動き、安全作業で工事を終えました。

土木職に進む生徒だけでなく、他分野の職業に進む生徒にとっても、非常に有意義な体験となりました。

 

  

 

 

 

 

㈱新井工務店様、ご協力ありがとうございました。

土木科2・3年生【現場見学会】

令和元年6月19日(水)に国土交通省関東地方整備局大宮国道事務所さまが主催してくださいました現場見学会に午前に3年生、午後に2年生がそれぞれ行って来ました。
見学した現場は、熊谷スポーツ文化公園の南側にある国道17号線の道路改良工事で、発注者や施工者の皆さんが分かりやすく説明していただたきました。
最新の舗装技術やITC技術を取り入れた現場とあって、生徒にとっては、普段見ることの出来ない重機や技術を目の当たりに出来た貴重な機会となりました。

 

 

国土交通省関東地方整備局大宮国道事務所さま、ありがとうございました。

プロフェッショナルを目指す『先輩の話』

5月16日(木)午前中、本校卒業生(H29年度卒)8名をお招きし、プロフェッショナルを目指す『先輩の話』を開催しました。

今回は、建設施工会社勤務6名(現場施工管理職)・セメント製造会社勤務1名(研究職)・セメント系製品製造会社勤務1名(研究職)のそれぞれ専門分野で活躍する先輩方に来ていただき、会社概要や職務内容をはじめ、入社試験の様子や高校生当時の思い出話など、短い時間の中でも非常に有意義なお話や就職活動に必要な情報を聞くことが出来ました。

3年生は、これからいよいよ就職活動が本格化して来ます。
この『先輩の話』を機に、自分自身の進路を決める一つのきっかけになってくれればと思います。頑張って行きましょう!

 

  

3年生課題研究発表会

 平成31年1月23日(水)に、土木科3年生による課題研究発表会が行われました。
3年間の集大成としてそれぞれの成果を、クラスの前で各班ともしっかりと発表
することが出来ました。
 これから社会人としてのマナーや色々な対応を勉強しなくてはなりません。
また社会では、常に「結果」や「成果」を求められます。この発表を通して、
自分たちの「成果」を大勢に発表出来たことは、社会人としての第一歩となった
はずです。これからも、頑張っていきましょう!

  

【現場見学会】

平成31年1月15日(火)に埼玉県建設業協会さまが主催してくださいました現場見学会に1年生が行って来ました。
現場は利根川の河川敷にあって寒かったものの、発注者や施工者の皆さんが分かりやすく説明していただたきました。
生徒にとっては、大型クレーンの組立作業や橋梁の桁を間近から見ることのできる貴重な機会となり、現場隣接工区で活躍されている熊工OBの話を聞くこともでき、今後の進路を決めるのに一つの良い機会になった現場見学会でした。


  


  

関係者のみなさま、ご協力ありがとうございました。