学校概要
教育課程
 
 本校は、専門高校であり、国語や数学などの普通科目と実習など各科ごとの専門科目を学習します。
普通科目と専門科目の割合は、選択科目の選択の方法によっても異なりますが概ね6:4の割合です。
また、本校の教育課程は次のような特色があり生徒の多様な進路希望に対応しています。
 
(1)2年生では数学と英語で進路別教科内選択があります。
(2)3年生では進路に応じて専門技術コースか4大進学コースを選択できます。
 
 専門技術コース
 就職や専門学校希望者のためのコースです。
 このコースでは、A群から1科目、B群から1科目を選択する選択科目
 があります。
 4大進学コース
 (定員40名程度)
 工業系大学(4年制・短大)へ進学を希望する生徒のためのコースです。
 各科から希望者を集めてクラス編成(現3年生は2年2学期までの成績で
 選抜を実施)を行います。
  単位数         5         10         15         20         25         30 31
  1年生             普通科目21単位  専門科目8単位  HR  インター シップ
  2年生         普通科目17単位     専門科目12単位  HR  
 3
 年
 生
 4大進学
  コース
               普通科目22単位  専門科目7単位  HR
 専門技術
  コース
  普通科目11単位
 選択科目
  6単位
    専門科目12単位  HR
平成31年度 教科書選定基本方針

 

平成31年度 使用教科書選定理由

 【選定に係る基本方針】

  本校の教育目標である「豊かな個人の育成」「社会的公民的資質の育成」「職業能力の育成」は、 新学習指導要領が掲げる知・徳・体のバランスのとれた「生きる力」を育むことにほかならない。また、「確かな学力」として、基礎的・基本的な知識及び技能を確実に習得させ、「地域の期待に応えるスペシャリスト」の育成が本校の目標である。

 教科書選定にあたり、生徒の興味・関心を引き、多方面の分野から偏りなく取り上げ、時代に即した内容であることが重要である。工業高校なので、視覚的にとらえることで理解を深められる生徒が多く、写真や図・挿絵等が効果的に配されている必要がある。また、題材は、取り組みやすい身近な物や生徒の共感を得そうな物を、親しみやすい表現で、わかりやすく丁寧に説明されていることが本校生徒の実態に即している。

【使用教科書一覧】 令和元年度 使用教科書一覧.pdf

 

 

令和元年度 部活動基本方針

令和元年度 埼玉県立熊谷工業高等学校 部活動に係る活動方針

1 活動の基本方針

(1)学習活動と部活動との両立を通して、充実した学校生活の実践を図る。

(2)計画的で効果的な活動の実践を通して、生徒の心身の健康の増進を図る。

(3)心豊かでたくましく、これからの社会を生き抜ける人材の育成を図る。

 

2 指導体制の整備について

(1)各顧問が活動方針、年間・月間の活動計画及び、活動実績を作成し、管理職に
  提出する。

(2)作成した各種計画については、部活動保護者会または文書等によって、該当部
  活動の生徒及び保護者に公表する。

(3)管理職は適宜部活動の視察を実施し、必要に応じて顧問と面談を実施する。

(4)各部とも原則複数顧問制による指導体制を整え、生徒の多面的な心身の成長を
  促進する。

 

3 具体的な活動の進め方について

(1)施設や設備の点検を定期的に実施し、事故の防止に努める。

(2)体罰やハラスメントを防止するため、職員研修を実施する。

(3)各顧問間の情報交換を定期的に行う。

(4)生徒間のいじめやトラブル等の防止のため、顧問教諭、担任、養護教諭等の

  連携を図る。

(5)心肺蘇生法やAED使用の研修を実施する。

(6)効率的で安全な練習メニューを作成し、生徒が自主的かつ自発的に活動できる

  よう校内研修の開催や、校外で実施される研修会・講習会等への積極的な参加を

  推進する。

(7)部活動費用(部費など)を徴収する際は、管理職の指導の下、保護者の理解を

  得るとともに、会計報告を行うなど適正な処理を実施する。

 

4 適切な休養日等の設定について

(1)原則として週2日以上の休養日を設ける(平日1日以上かつ土日いずれか1日

  以上)。対外試合等諸事情によりこれを実施できない場合は、年間で100日程度
  の休養日を確保する。

(2)定期考査1週間前及び定期考査期間中の部活動は原則禁止とする。

(3)ウォーミングアップ及びクーリングダウン、グラウンドやコート整備の時間を

  含めない1日の活動時間は、平日は2時間程度、休業日は3時間程度を基本とす

  る。

(4)長期休業中は、(1)の休養日の設定に準じるとともに、連続する3日間以上

  の休養日を設定することを基本とする。

(5)顧問と生徒間で参加する大会・コンクール等を精査し、負担軽減を図る。

(6)部活動実施環境に気を配り、高温下での練習等は控える。頻繁に休息を入れな
  がら生徒の体調変化に注意して練習する。